男性の経済的安定性、女性の出産適齢期など結婚には理想のタイミングが存在します。

ウエディングの画像

結婚はタイミング。したくなった時が適齢期。
そう言いたいところですが、女性にはさまざまな理由から「結婚適齢期」というものが存在します。結論から述べると女性の理想の結婚適齢期は20代後半~30代前半。なぜその年齢が理想であるのか、そのいくつかの理由を説明したいと思います。

 

 

 

20代前半の結婚はNG?

最初に、20代前半の結婚はお勧めしません
理由としては、20代前半はお互い精神的にも未熟なうえ衝突が多くケンカもしがちであること、そして30代と比べ経済的にも余裕がないため、金銭面で揉めるなど上手くいかないケースも少なくありません。また、男性でよく耳にするケースでは、結婚していない友人が周りに多いため、遊びや飲みに誘われることも多くパートナーの怒りを買ってしまうことも。いろいろな面で女性だけが一方的に我慢を強いられる可能性があります。そういったことが頻繁に起これば女性側の不満も溜まり、それでは結婚生活が上手くいくのは難しくなるでしょう。

 

結婚というものは、どちらか一方が我慢して成り立つものではありません。せめぎ合って、お互い折り合って、お互い様。意見の譲り合いや妥協点を見つけるなど「お互いさま」精神ができるなどが若くしてできるカップルなら上手くいくでしょう。その反対に、互いの主張ばかりをしてお互いに意見を譲らない、またはどちらかが相手の主張を聞き入れて一方的に我慢を強いられるといったカップルの場合、結婚生活が上手くいかず最悪の結末を迎えることになりかねません。そういった理由から20代前半の結婚はあまりお勧めできません。

 

 

 

結婚適齢期の年齢は20代後半

男性の仕事が軌道に乗ってくるのは大体28歳ぐらいから
経済的基盤も安定し、勤続年数も5年を越えれば住宅ローンを組む事も可能になり、経済的にも精神的にも余裕があると言えるでしょう。結婚して「夢のマイホーム」を手に入れるのも、もはや夢ではありません。結婚生活を上手く維持出来る基盤もあり、さまざまな観点からも結婚適齢期の年齢は20代後半からが理想的と言えるでしょう。

 

最近では、20代の間で「理想の相手を探せる場」として支持を集めているのがネット婚活です。女性目線でも相手の仕事・年収・年齢などを絞って探せるメリットがあることから「婚活サイト」の需要が高まっています。

 

 

 

恋のING!!

カップルの画像

「恋のING」という言葉を耳にされたことがあるのではないでしょうか。恋には「フィーリング」「タイミング」「ハプニング」が恋に落ちるポイントと言われています。
では、結婚において重要なポイントはなにかと言いますと、冒頭でも述べた通り、ズバリ!それは「タイミング」です。もちろん30代後半の結婚もありきですが、結婚してお子さんを持ちたいと考えている女性にとっては、そのタイミングが大切です。赤ちゃんが生まれると育児に追われ、必然的にふたりだけの時間を持つことが難しくなります。そういったことからも、夫婦ふたりだけの生活を楽しんでから子どもを授かるのも素敵なライフプランの1つだと思います。

 

結婚する時期は、タイミングであったり、仕事または家庭の事情であったり、人それぞれで、最終的には当人同士の問題です。ただし、結婚して子どもを持ちたい女性にとっては出産に関しても「タイミング」という名の「リミット」が存在します。いざ子どもが欲しいと思って妊活を始めても、他の物事とは違い赤ちゃんは授かりものですので計画通りに妊娠&出産という訳にはいきません。ベビー待ちの時間的な余裕や幅は持ちたいものですよね。そういった理由からも20代後半~30代前半が結婚適齢期だと言えるでしょう。

 

結婚難民にならないために

 

 

 

晩婚と高齢出産のリスク

晩婚の時代と言われているので、もちろん40歳を過ぎての結婚や出産をするカップルも年々増えています。その一方、年齢が上がると共に子どもがダウン症などの障害を持って生まれてくる子どもが増加しているということは近年において周知の事実です。女性の卵子は年齢を重ねる毎に古くなり、古くなればなるほどダウン症などの障害を持って生まれてくる子どもが生まれてくる確立が高くなることが臨床結果でも報告されており、35歳を超えると、そのリスクが格段に上がることから、35歳以上の妊婦の分娩時には、高齢出産のリスクとしてダウン症の子どもが生まれやすくなるといったインフォームドコンセントを医師が行うことが義務づけられています。もちろん、これは決して障害を持って生まれた子どもたちの存在をするものではありません。ただ、普通の親なら誰もができれば健康な子どもが生まれてきて欲しいと願うのは普通のことではないでしょうか。そういった理由から出産に限り言えることは、結婚&出産は若ければ若いほうがよいという事になります。もちろん、晩婚カップルもたくさんいますし、40歳を過ぎて結婚&出産で元気な赤ちゃんとの幸せな暮らしを手に入れている女性もたくさんいるのも事実です。結婚のカタチはひとそれぞれですが、さまざまなメリット・デメリットの観点から捉えると理想的な女性の結婚適齢期は20代後半~30代前半が好ましいと言えるでしょう。

 

 

 

結婚したい!そうは思っても相手がいなければ本末転倒。
では、その第1歩としてパートナーと出会うための代表的な4つの方法をお教えしたいと思います。

 

婚活の仕方 その1「合コン」