BARに一人で行くと、自然といろんな人と出会ったり、話したり出来るものです。

BARに行く

 

BARのイメージ

 

「BARでの出会い」と聞くと「軽い人との出会い」かと思いがちですが、「BARでの出会い」とは、真面目な人とのきちんとしたお付き合いに発展するものなのです。

 

BARとはお店の造りが狭いものが多く、必然的にお客さん同士や店員さんと距離が近くなりやすく、知らない人とでも会話をする機会が自然に増えるものです。

 

また、同じBARを行きつけにしている人もいるので、再び同じBARで出会う、なんてこともよくあるものです。

 

また、BARを行きつけにしていると、自然とお店で働く店員さんとも仲良くなっていくものです。

 

店員さんにあらかじめ「独り身」であり、「恋人が居ない」ことを話しておくと、自然に店員さんのほうから「出会い」を用意してくれる事もあるかもしれません。

 

BARに行く際には、勇気を出して一人で行ってみると良いでしょう
一人でいくと自然といろんな人と出会ったり話したり出来るものです。

 

女性が一人でBARに行くのが不安な場合、女性の店員さんがいるような場所を選んでみるとよいでしょう。

 

また、扉を開けて「一人でもいいですか?」などと聞いてみるといいかもしれません。

 

中には常連のお客さんばかりで、縄張り意識のように新参者を受け入れてくれないような雰囲気のBARもありますので、注意しましょう。

 

店内に入って、新参者でも店員さんが気さくに対応してくれたり、他のお客様が自分を完全に無視しないような優良店を見つけるようにしましょう

 

大人のマナーとして、BARでは携帯電話はマナーにしておく事、たった1杯で何時間も粘らない事、飲みすぎて周りに迷惑をかけない事、また、「出会い」を求めてBARにきたことを悟られないように気をつけましょう

 

出会いにがっつきすぎて相手やお店に引かれるような行動は避けるようにしましょう。