社内恋愛は仕事に支障をきたさないようにするのが社会人としてのルールです。

社内での出会い

仕事をしている大人にとって、一番異性と触れ合う機会が多いのは、何と言っても「会社内」です。現在では
「社内恋愛禁止」にしている会社も少ないですし、大きい会社であれば、意中の異性を見つけることも案外
簡単にできるものです。社内での出会いはどのようにして行い、どのような事に気をつけるべきなのでしょうか?

 

・社内の飲み会に参加する
同じ部署だけでなく、他の部署も交えた大きな飲み会に参加をすると、今まで知らなかった異性との出会いに
つながるかもしれません。最初は顔見知りなだけでも、そのうち一緒にお仕事をしたり、再び飲み会で出会う事が
あるかもしれません。他の部署の人たちを知っておくためにも、一度大きな飲み会には参加してみるのもいいかも
しれません。

 

・気になる異性を遊びに誘う
飲み会や一緒に仕事をして、気になる異性を見つけたら、今度はプライベートで会えるようにステップアップする
必要があります。とはいえ、仕事仲間といきなり1対1は気が引けてしまうものです。そのため、複数人で遊びに
いくようにセッティングしてみましょう。そんなに大人数でなくても、2対2や3対3などで仕事後に飲みにいくとか、
休みの日に一緒にランチなど、気軽に乗ってきやすい事から誘ってみるとよいでしょう。
プライベートで会うことになったときには、相手にアピールできるような、きちんとした身だしなみで行くように
心掛けましょう。
何度か複数人で出かけるようになれば、1対1でメールなどのやりとりなども頻繁に行えるようになってくるはずです。
そうなったら、思い切って二人で出かけるように持ち掛けてみるのも良いでしょう。

 

・社内恋愛で気をつけること
誰しも恋愛を始めると気分が浮かれてしまうものです。しかし、社内恋愛の場合は、仕事に支障をきたさないように
するのが社会人としてのルールです。
周りに仕事に対する影響が出ないようにし、できるだけ社内に付き合っていることを広めないようにしましょう。